2019年12月号(2)一度走りだせば、後が楽かも・・・?

一度走りだせば、後が楽かも・・・?

家主様の最大のお悩みといっても過言ではない空室。そんなお悩みを解決する為、私達社員一同も空室解消のアイデアを日々考えております。

例えば「新しい設備を導入する」「畳のお部屋をフローリングに変える」「大規模リフォーム工事でお部屋を今のニーズに求められている間取りに変える」等々です。
しかし、言ってはみたものの、どれもこれも家主様の収益減収や費用負担にも繋がり、簡単に実施するのは難しいものばかりです。
とは言っても単純に家賃を下げる事も、よほど相場から離れない限り、敬遠したいところです。

そこで今回は、空室改善!長期入居!のアイデアとして普段お客様を案内して感じたことを挙げてみました。
いくつか、ご紹介させて頂きたいと思います。コスト0とはいかないかもしれませんが、そこから満室経営に向けて格安の一手が出てくるかもしれません!

~案内に行ってみて~

私達がお客様に物件を紹介し、お客様が「条件が合う」「立地が良い」と物件を気に入って頂き、
いざ案内にお連れしたとき「あちゃ~…」と思う事があります。それが下記の内容です。

  • ゴミ置き場が猫やカラスに荒らされてゴミが散乱している。
  • 共用部に蜘蛛の巣が張っている。虫の死骸が多量に落ちている。
  • 共用部に入居者の汚い荷物が大量に置いてある。
  • 植木や雑草が伸び放題、若しくは枯れて無残な状態になっている

上記の様な状況を目撃してしまうと、これからの新生活を考え、ワクワクしながら物件を見に来たお客様の熱も一気に冷めてしまいます。
その結果、お申込に至らず、という残念なことにもなりかねません。

これを解決するには定期清掃を入れるのが一番です。
清掃内容は共用部の掃き掃除、共用灯や手摺の拭きあげ除草剤の散布、蜘蛛の巣の除去等です。
週に一度、若しくは隔週で作業に入ることでキレイな状態を保ちます。
とは言うものの、業者へ依頼する事でやはり費用がかかります。
おおよそ2階建て4戸の物件で、週に1度月4回の清掃で月額16,000円程です。

ですが、そうは言うもののどちらかと言えば、なかなか結果が見えないものより、結果がすぐ目に見える「新しい設備」等に投資したくなってしまいたくなるのが心情です。
また確かに、これまで清掃をしていない場合、定期清掃を効果的に行う為、最初の一回目は高圧洗浄や本格的な除草を行ってから、という場合もあります。

これを例えるなら重い鉄球をイメージしてもらえるとわかりやすいです(ボーリング玉のような)。

ずっしりと重く、全く動きそうにない鉄球。動かすにはとても大きな力が必要になる。
しかし、本当に重たいのは最初だけ、動き始めると自分の重みで転がっていき、いつしかほんの少しの力だけで、ゴロゴロと転がり続けていく。

そこで!せめてこれだけは!と家主様にお願いしたいのが、月額5,000円程で月に一度の簡単な清掃を入れてもらうことです。
作業頻度が低くても、何もしないよりかは、随分キレイな状態を保てます。結果、入居申込の促進にも寄与します!

また、これら共用部や駐車場をキレイな状態に保つ事は、過ごしやすさ、利用しやすさに繋がり、
それは間違いなく退去防止策というテナント・リテンション(長期入居・長期利用)にも繋がります。

そして、私達が現地で作業をする事で、いつも以上の「現場にらめっこ効果」で家主様の資産を守り、
更に活用する為に、新しい発想が生まれるかもしれません!(全力で考え抜きます!)

このように【やっている】【やっていない】で大きな差がでる。
それが、管理清掃という対策です!「ちょっと試してみよう!」と思われたら、お気軽に弊社管理部へお問い合わせください!
同封の「メンパク」も、積み立ての経費化だけでなく、ある意味同様の効果ありです!