2015年8月号(3)申込みの決め手?

さて、共同住宅に必ずあるものと言えば、給水・電気・ガス設備等、色々と思いつきますが、今回は「ゴミ置場」について書かせていただきます。どうか、最後までお付き合いください!

ひとくちにゴミ収集場所と言いましても、ネットを張ってあったり、カゴを設置してあったりと様々です。

そこで、既製品で「こういうものがあるんだ!」という商品をご紹介させて頂きます。設置することによるメリットは、以下の3点です。

①  動物に荒らされ散らからないようにするため。

②  出す場所を明確にし、そこかしこに出させないため。

③  ゴミ置場と言えど、物件の外観を美しく保つため。

まず、①ゴミ置場に蓋や扉がないために、ネコやカラスに荒らされてゴミが散乱し、近隣の方へご迷惑をおかけしてしまうことが多々あります。私達も度々片付けに出動してます(笑)

②新規の入居者で、ゴミ出し場所がわかりにくいために、場所を間違えて出すという人もいます。これは、ゴミ置場の存在感不足です。その結果、ゴミが回収されず放置されてしまいます。

③センスの良いものを設置することで、物件への第一印象が良くなります。ここは特にお伝えしたいのですが、お客様はお部屋だけでなく、第一印象や外観も気にされています。だからこそ、お申込みに繋がるかもしれません。

たかがゴミ置場、されどゴミ置場です!

ちなみに右の写真は、高さ940mm×幅1220mm×奥行540mmで施工金額は9万円弱です。(同サイズでブロックを新設し、ネット張った場合は施工金額は8万円程です。)

もちろん、他のサイズも豊富にあります。最後になりますが、物件にゴミ置場を設置されてなければ、是非とも当社までご相談ください。

その場所に合う、ご納得頂けるゴミ置場をご提案させて頂きます!

DSCN0915