2018年6月号(1)更に進化してきた!最近人気のアノ設備!!

人気急上昇!あの設備

少し前に「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる!」というランキングの発表がありました。単身者・ファミリー向け1位は共にインターネット無料です。しかし今回は、その中で順位を上げてきている【宅配ボックス】に再度注目し、改めて書かせて頂きます。

~宅配ボックスとは?~

今更言うまでもなく、従来設置の多かった共同住宅だけでなく、最近は駅に設置されることも増えてきた事で、目にする機会も増えてきました。この設備は、受取人の不在時に宅配便などを配送業者が入れることによって、帰宅後にその場で受取りが可能となるモノです。
本来であれば不在の場合、不在通知を見て再配達依頼をする、若しくは後日営業所まで受取りにいく必要があります。しかし、この設備があることで指定された暗証番号を入力すれば、上記の様な手間がなくなり荷物を受け取ることができます。「今すぐ手元に欲しい」「仕事が忙しくて受け取る暇がない!」なんて人にはうってつけの設備です。

image

人気のヒミツは?

~なぜ人気がでてきたのか~

  • ネットショッピングの普及
     これによって、宅配便を使用する人が大幅に増えました。言わずもがなで、インターネットとスマートフォンの急速な普及で利用率は年々増えています。また、業者(Amazon・楽天等)がビッグデータを活用し、ユーザーの買物履歴から嗜好傾向を割出し、その傾向からお勧めの商品を紹介することで、繰り返しの利用に繋がり、売上増加に成功しています。
  • 対人関係の変化
     少し前は、ご近所付き合いが日常的にありました。しかし、現在では隣人の顔すら知らない、そんな人が増えてきています。また、社会問題になっている、ひきこもりやニートの存在もあります。その結果、誰にも会いたくない・ひとりの方が気楽という生き方・考え方が増えています。
    上記二点から、家から一歩も出ることなく、昼夜問わず買物をすることができる。その上、宅配員と顔を合わせずに荷物を受け取れる、つまり、買物がいつでも安全・簡単に、誰にも会う必要なくできることが現代人のニーズにマッチしているのではないでしょうか。

~更に進化し続けています!~

今までは、ただ荷物を入れておく箱でした。しかし、人工知能やIOT(internet of things)の発達によって、その箱とロボットが繋がります!
なんと!ロボットが荷物の到着を声で教えてくれたり、外出中の場合はスマホにお知らせしてくれます。このロボットは【BOCCO(ボッコ)】といいます。昨年夏からサービスを開始しているようです。このBOCCOは、各センサーを室内に設置することで、他にも鍵の開錠やお子さんの帰宅を通知してくれます。また、メッセージを留守番中のお子さんへ届けくれたりと、コミュニケーションツールとしても人気がでているようです。
大きく進化し始めている、宅配ボックス!気になるのは設置金額ですが、実は!昨年の4月より企業を対象に、設置金額を半額負担する制度が始まっています。

ただ、個人自宅や共同住宅は、残念ながらこれを書いている時点で、まだ対象外です。今後の改正に期待したいところですね(^_^)

image2
↑BOCCOです