2018年8月号(2)今やコミュニケーションは「電話よりLINEで」が4割超!!

今やコミュニケーションは「電話よりLINEで」が4割超!!

LINE(ライン)をご存知でしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、LINEとは「LINE株式会社が提供するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」です。インターネット環境さえあれば誰でも無料で通話やチャットができます。

日本国内のユーザー数は年々増加をしており、現在では7300万人 (2018年2月)。なんと日本人の約2人に1人以上が利用しているという計算です。Facebookは国内ユーザー数が2800万人Twitter4500万人です。

LINEユーザーがどれだけ多いか、お分かり頂けますでしょうか。

シニア(50~79歳)層のLINE利用率も年々上昇傾向で、Facebookを利用しているシニア25.8%に対して、LINEを利用しているシニア41.5%という結果も出ています。ちなみに、当社社員のLINE利用率は、なんと100%です(笑)。老若男女全員が社内外での報連相やコミュニケーションツールとして、メールではなく、今ではLINEを使っています。

もはやLINEは日本国内の生活インフラとして定着しているツールといっても過言ではありません。欧米では現実にメールは激減しています。メールが日本から無くなる日もそう遠くはないことでしょう。

LINE@(アット)は、ご存知でしょうか?

LINE@(アット)とはビジネス向けのLINEアカウントのことです。LINEユーザーに向けて一斉メッセージを配信したり、LINE限定のクーポン配布などができます。自動返信だけでなくLINEユーザーと1対1でメッセージのやり取りをすることも可能です。

不動産会社への問い合わせで、電話とLINEはどちらが問い合わせしやすいか?というアンケートによると、学生の43.6%、社会人の40.5%が「LINEの方が問い合わせしやすい」と回答しているそうです。

物件の空室確認についても約4割が「LINEで行ないたい」という調査結果が出ています。

LINE@(アット)、はじめました。

遅ればせながら、当社もLINE@の利用を始めました。まだ開設したばかりですので手探りの部分も多いですが、このLINE@を利用して、まずは会社のホームページのような感じで当社の事を知ってもらったり、定期的に当社からのお知らせや、皆さんへのメッセージや有益な情報を配信できればと考えています。

LINE@「お友だち登録」には次の方法があります。

■LINEのお友だち登録からQRコードを読み取る↓

image

■(スマホからアクセスの場合)下記の「友だち追加」ボタンを押す。
 友だち追加

■LINEアプリ「公式アカウント」からID検索(@aoyamackn)※要@記号

■LINEアプリ「公式アカウント」から名前(青山地建)を検索する。
image2

サービス向上&コミュニケーション

今では、大学やハローワーク・市役所といった公的機関もLINE@を導入しています。これらの団体は、おそらく新規顧客を開拓するというよりは、既存のサービス向上や業務の改善、ユーザーとのコミュニケーションを図ることを目的にしているかと思われます。

LINE@を使うことで、これまで出来なかった情報配信やお知らせ、ユーザーとのコミュニケーションができるようになります。インターネットの発達とスマホの普及により、世の中のコミュニケーションのあり方が大きく変わろうとしています。

line@2

メールは連絡手段、LINEはコミュニケーション。時代の変化をしっかり理解した上で、これまで以上のサービス向上に努めていく所存です。