2019年11月号(1)知らなかった宿泊業の世界!!

“簡易宿所”始めました!!

この度、当社で2棟目となる民泊物件が待望のオープンをいたしました☆
その名も「AO(あお)太宰府」、当社ビルの真横に登場したこのビルは、
お隣の不動産会社さんが縮小されることに伴い、その建物の購入を打診され購入したものの、
賃貸の事務所では利回りが合わず、宿泊施設としてコンバージョン、
宿泊日数に制限のない「簡易宿所」としてオープンしました♪

建物のコンセプトは【一期一会】、ただ寝る場所を提供するのではなく、
地域にインパクトを、そして訪れる 訪日外国人や旅行者の記憶に残してもらいたいということで、
洋風の建物に和風の組み合わせを施しました。


室内は、もともと事務所だった内装を大改装!
劇的ビフォーアフターなみの大変身を遂げた客室は、最大8名の宿泊ができます。

今回の購入に際してはさまざまな不安要素がありましたが、偶然にも、今年の6月に建築基準法の改正がされ、
用途変更の手続きを経ずにコンバージョンできることが決まったこと、
また、大手民泊サイトのAirbnbで算出された推定稼働率をもとに投資分析をしたところ、
良好!とまではいきませんが、安全域の数字がでたこともあり、間口が広がることの宣伝力も踏まえ、思い切って購入しました。

最大8名まで宿泊できるお部屋が1フロアーに一つずつ、
3F建てで、最大宿泊人数は24名、最低料金は1泊16,000円からで、
宿泊人数が4名を超える場合は、追加お一人ごとに料金も追加される システムです。

ちなみに、以前ご紹介した、弊社ビルの1Rは、宿泊日数が180日という制限のある「新法民泊」でスタートをさせましたが、
その後、それでは物件情報を掲載する宿泊サイト(11月号(2)で詳しくお伝えしています。)が
ごく一部に限られることが判明、再度 「簡易宿泊所」に変更申請し、360日宿泊可にしました。
そこで今回の物件は、この経験を活かし、最初から簡易宿所の手続きをしたのです。

そして、ようやくこの10月に待望のオープン!
すると、なんと!最初のご予約は、15名の団体客様!
部活の遠征で、学生さんと引率の先生がご宿泊です☆
スタートしたばかりでてんやわんやですが、このあわただしさが、また嬉しいひととき♪
今はまだ計画段階ですが、今後は、弊社で管理させて頂いているお部屋の空室対策の為に、
ご希望のオーナー様には、民泊への転用運営のお手伝いをさせて頂き、少しでも収益の充実を図ることを目指しております。
内覧をご希望の際はお気軽にご連絡ください☆

 

【準グランプリ】を受賞しました!!

この度、不動産流通推進センターさんが主催で催された、
全国「不動産エバリュエーション事例コンテスト2019」に
AO太宰府を応募したところ、そのコンセプトや取組みを評価していただき、
見事、準グランプリをいただくことができました!

残念ながらグランプリは逃しましたが、この2つの物件のプレゼンや、審査員の方からの受賞理由を聞き、
不動産に新しい価値が求められているということを実感しました。
その新しい価値とは何かや、目的、意義については、改めて発信させていただきますが、
興味がある方は授賞式当日のプレゼン風景を動画にまとめていますので下のQRコードからご覧ください(^^♪