2020年1月号(1)2021年相続登記が義務化!?

2021年相続登記が義務化!?

2019年2月、時の山下法相は法制審議会で“相続登記の義務化”について、
2020年秋の臨時国会で民法と不動産登記法の改正案提出を目指すと表明しました。
つまり、今年です。民間有識者の研究会の発表によると、
所有者が不明な土地の広さはなんと!九州と同じぐらいの410万ヘクタールもあるそうです!
20年後には北海道と同じぐらいに広がるとも予想されています。
国土の4分の3が山林という日本の特徴を踏まえても、あまりにも広大な土地が“塩漬け”になってしまっています。
こうした事態を鑑みて、冒頭のような話が出てきました。

それにしてもなぜこんな事態になったのでしょうか。
それは登記の支出や書類を揃える面倒さもあるのでしょうが、
時間の経過によりこの問題(支出や書類関係の手間)が倍増する事にあります。
人は必ず死にます。相続人が亡くれば、ネズミ算式に相続人が増えます。
併せて人間関係も希薄なり、そんな中で改めて実印や印鑑証明書を依頼する…
こうなったら、なかなか心境的に進めづらくなってきますよね。

2020年秋の臨時国会なので早ければ2021年には施行されるかも知れません。
名義は亡くなったおじいちゃんのままになっている
父と母も亡くなったが、まだ父名義のままになっている
等々、このような状況であれば早め手続きをされて下さい。

先日読んだ本にありました…
きちんと登記をしておくという事は、配偶者や可愛いわが子、
孫に対する責務でもあり、また何よりも愛情表現の1つである
」と。
ご家族はきっと感謝されると思います。

 

ピタットハウス接客コンテスト決勝戦進出

去る11月6日、福岡市博多区でピタットハウス接客コンテスト九州大会が盛大に開催されました。

2018年の加盟後初挑戦で、弊社の富屋は一般の部。
同じく弊社の関と野口は新人の部です。
一般の部は29名中6名が、新人の部は13名中2名が予選を勝ち抜き決勝戦へ進みます。
出場者は写真のように他の参加者からジロジロ見られ緊張もMAX…。


結果はなんとそれぞれ富屋と野口がそれぞれ決勝戦進出!
他の加盟店を抑えて弊社から2名が堂々の選出です!
この途中経過を会社で聞いた時は皆で喜び、そして誇らしくさえ感じました(^^)

富屋
野口

しかし決勝戦で…あえなく敗退(泣)
勝てば全国大会出場だったのですが、その壁は高かった…。
ただ日々の仕事ぶりや接客スキルアップの為のロールプレイング練習が
このような形で評価をされたのは、何より自信になりました。
予選敗退した残り約1名は悔しい思いをしていましたが(笑)

今後も皆様の物件をバンバンご紹介して参ります。

 

定期清掃を導入する方が増えています(^^)/

●定期清掃 お任せ下さい!

先月号でご案内しました定期清掃。
お陰様で沢山のご依頼を頂いていおります(^^)
満室対策としての即効性はそれほどではありませんが、
長期入居につながる定期清掃の有効性をご理解頂けたものと思います。
ディズニーランドではパーク内のささいな傷をおろそかにせず、
ペンキの塗り直しや破損個所は見つけ次第頻繁に修繕を行う事で、来客のマナーも向上しているそうです。
(ニューヨークの“割れ窓理論”に通じるものがあります。)

戸数や広さ、金額等に応じて月1回や週1回等と設定出来ます。
気になったら管理部までお電話下さい(^^)/