住まいは選ぶより、創る時代へ 今、時代はリノベーション!!

RENOVATION CONCEPT

少し古くなった2世帯住宅を、若い世代の感覚で間取りを見直しリノベーションしてみました・・・。
2階の一部の部屋をつぶし、吹抜けを作りました。
開放感が生まれ、2階の子供部屋にも、リビングから声が届きます。
家族の一体感がさらに高まりました。
天窓から注ぐ太陽光によって、室内が大変明るくなりました。

RENOVATION BEFORE AFTER

LIVING ROOM
和室から洋室へ。

同視点からのショットです。畳敷きの和室から洋室へ変更、壁・ふすまを取り去ることで廊下を含めてのリビングとしました。 お仏壇も洋建具の中で、いつも家族と一緒がコンセプトです。左の玄関ホールとの境に建具を設けました。

DINING ROOM
和室から洋室へ。

同視点でのショット。部屋の真ん中に陣取る大きなガス式暖炉を撤去、代わりに昔ながらの薪ストーブを設置。 また、リビング上の2階の一部屋を床ごと撤去、吹き抜け高天井は開放感のあるリビングを実現。 高天井により天窓からは外の光が差込み、今までは昼間でも暗かったリビングが健康的で明るい空間になりました。 構造上、撤去できなかったリビング天井内の大きな鉄骨は、木目の化粧でお洒落な‘梁(はり)’として違和感なく走っています。 また2階の二部屋の壁面にもこの吹き抜けと通じる開口部を設け、お母さんの声が子供たちへ直接届くようにしました。 家族の息づかいを自然に感じ取れる・・・。これがこの家のコンセプトなのです。

KITCHEN
壁をなくしオープンキッチンに。

これまでのカウンターキッチンを壁ごと取り払い、オープンキッチンにすることで、リビングとキッチンがひとつの空間になり、 より家族のコミュニケーションが弾む空間になりました。 ゲスト視点を考えて、奥にパントリー(食品貯蔵庫)を設置、見せられるキッチンに生まれ変わりました。 それにより今までは散らかりがちなキッチン周りが(笑)、見た目にも常に使い勝手よくお洒落さも損なわないように利用できています。

GARDEN
ウッドデッキを新設。洋風な庭へ。。

手入れが難しかった和風のお庭に、ウッドデッキを造り込むことで、木のぬくもりを演出。 さらなるプライバシー確保とお洒落さを兼ね備えた洋風な垣根はウッドデッキとも調和します。 昼間はお茶でも飲みながら読書、夜はワインでも傾けながら・・・なんて贅沢でしょうか。 お友達を呼んでのランチ時には「レストランみたい」とお世辞を頂きました♪

WHAT’S RENOVATION

● コストを抑える事ができます
新築住宅に比べ、同じ立地であれば中古物件は安価に購入ができます。
無理をしてローンを組みたくないと考える方や、
新築と同額でより広い空間を手にしたいという方には良い選択肢でしょう。

● 建物を再利用する事により環境保護に貢献出来ます
「エコロジー」「ロハス」「スローライフ」と言った考え方は新し時代の流れであり、
住宅ストックの再利用は、産業廃棄物を減らす事にもなり、環境保護のためにも大きな貢献になります。

● パターンから選ぶのではなく自分の好きなデザインができます
どんな人でも自分だけの個性というものを持っています。
決められたパターンから選ぶのではなく自分の個性に合わせ、好きなデザインができます。

 

● 資産価値を高める事ができます
第三者機関による「既存住宅の性能評価」を受ける事により資産価値の向上をはかれます。
また、機能的・個性的にリノベーションされた建物は、資産価値も高まるでしょう。

● 住宅の欠陥を事前に把握し修繕できます
設備・配管や電気配線、ガス管、防水等の状況をの欠陥を事前に把握し修繕できます。
また、戸建住宅の場合では、耐震診断も事前に行うこともできます。