Tenpaizan Poetry Monument (Road of Good Fortune)/天拝山 歌碑(開運の道)

TENPAIZAN

Legend has it that Michizane Sugawara climbed the mountain many times and bowed to the heavens to declare his innocence.

Tenpai Mountain is a historic mountain where the god of learning, Sugawara no Michizane, is said to have climbed and prayed many times to plead his innocence. Tenpai Mountain is a relatively easy low mountain located south of the “Western Capital,” and is a popular spot crowded with many climbers. In 901, Sugawara no Michizane, who was the Minister of the Right, was framed by Fujiwara no Tokihira and demoted to Dazaifu. There is a legend that Michizane purified himself at the Wisteria Falls at the foot of the mountain and pleaded his innocence to the heavens for seven days and seven nights at the summit. For this reason, the mountain came to be called “Tenpai Mountain.” From the peak of Tenpai Mountain, you can see all the way to Hakata Bay and look down on the “Western Capital,” where history and cultural exchange unfolds.

天拝山(てんぱいざん)

菅原道真公が無実を訴えるべく幾度も登頂して天を拝したという伝承の山

学問の神様、菅原道真公が無実の罪を訴えるために何度も登頂し祈りを捧げたとされる由緒ある山、天拝山。天拝山は「西の都」の南に位置する比較的登りやすい低山で、多くの登山者で賑わう人気のスポットです。901年、右大臣であった菅原道真公は、藤原時平に陥れられて大宰府に左遷されました。道真公は山の麓の紫藤の滝で身を清め、山頂で七日七夜にわたって天に無実を訴えたという伝承が残されています。そのため、この山は「天拝山」と呼ばれるようになりました。天拝山の山頂からは博多湾まで一望でき、眼下には歴史と文化の交流が広がる「西の都」を見渡すことができます。

Basic Information
(基本情報)

Address (Tenbaizan entrance)
住所(天拝山入口)
629-1 Musashi, Chikushino City, Fukuoka Prefecture, 818-0052 (Tenbaizan Historical and Natural Park)
〒818-0052 福岡県筑紫野市武蔵629−1(天拝山歴史自然公園)
Parking Available (check availability)
駐車場
Parking Available (check availability)
あり(空き要確認)
Access Information
アクセス情報
Access Information About 5 minutes by car from Chikushino IC
About 15 minutes on foot from JR Futsukaichi Station (Tenbaiyama entrance)
筑紫野IC 車で約5分
JR二日市駅 徒歩約15分(天拝山入口)
Elevation
標高
257.4m

Monument
歌碑

起点
寝ても又 覚めても辛き 世の中に 有る甲斐もなき 我住居哉

一合目
憂しといふ 世に住みながく 露の身の 消えてはかなき 身をややつさん

二合目
とらば手に 留まりもやせん 秋の夜の 草葉の露に宿る月影

三合目
憂きことの 夢になり行く 世なりせば いかで心の 嬉しいからまし

四合目
薫くままに 露の衣 重ね着て 花の紐をは いつか解くべく

五合目
生まれて 世に墨染めの 袖ならば 心を知れや 法のしるしに

六合目
さるからに 心細くも 聞こふるは 山より奥の 入合の鐘

七合目
鶏の音に 夢打覚めて 独り寝る 其暁は 物憂かりけり

八合目
戌桜 先咲初て 山里の 木末に匂ふ 衣更着の比

九合目
いつまでか 花の契りの深からじ 去年を今年に 思い合せん